【鉄則②】ブログランキングを上げる方法

ランキングを上げる(アップさせる)為の鉄則①では
『サイトテーマを1つに絞る』事が重要とお伝えしました。

そしてもう一つ重要なのが『何のカテゴリで上位を狙うか』です。

ライバルサイトも少なく、上位サイトのINポイントも少ないカテゴリであれば
そこまで頑張らなくても簡単に順位を上げる(アップさせる)事は可能です。

しかし、稼ぐ(収入を得る)事を考えると
ライバルサイトも少なく、上位サイトのINポイントも少ないカテゴリに登録する事はNGです。

ランキングを上げてもアクセスは集まらない、儲けるなんて夢のまた夢。。。
だからランキングを上げる事は意味がない。。。
実際にランキング上位になった画像も掲載している方もいらっしゃるので
普通の人は信じてしまいますよね(^^;
ですが、こう言ったレビューを掲載している方の殆どは『情報商材アフィリエイター』の方々です。
情報商材系のブログが登録するカテゴリと言えばアフィリエイト・お小遣い稼ぎ関連だと思います。
正直、アフィリエイト関連のカテゴリで上位になって稼ぐ事が出来ると言うのは稀です。。。
ましてアクセスがあったとしても、同業の方がほとんどではないでしょうか・・・
その理由を詳しく書くと目的から大きくそれてしまいますので(^^;・・・簡単に説明すると
これは情報商材アフィリエイターが悪いという訳ではなく、情報商材そのものの特殊性の問題です。
アフィリエイト関連カテゴリの様に、登録サイトが多く、上位のINポイントも多いが
ランキング上位になっても、稼ぐ(収入を得る)事が出来ないカテゴリは存在します。

余計な話で長くなってしまいましたが。。。m(__)m
それでは、ランキングを上げる(アップさせる)為の

鉄則②
【メインカテゴリは1つ人気カテゴリへ!サブカテゴリは2つまで】

メインカテゴリとは、カテゴリ登録する際、一番初めに選択する大カテゴリの事です。
このメインカテゴリの選択は『人気カテゴリ』にする。

ここで言う『人気カテゴリ』とは、上位にランキングされることで稼ぐことが出来るカテゴリを指します。

稼ぐことが出来るカテゴリ。。。それは悩みに対して答えが出るもの。生活系、美容系、健康・医療系、グルメ系
これらカテゴリが稼げる人気カテゴリになります。

この人気カテゴリからサブカテゴリを選択するようにします。
サブカテゴリの選択は、テーマに合ったカテゴリはもちろんですが

  • 登録サイトが多い
  • 上位の多くがINポイント1000以上を超えている

そして重要なのが

上位の多くがINポイントよりOUTポイントの方がかなり多い

これがサブカテゴリを決めるポイントです。

カテゴリ登録の落とし穴
人気ブログランキングやにほんブログ村の大手ランキングサイトをはじめ、多くのランキングサイトでは複数カテゴリに登録することが出来ます。
登録可能な数だけ登録し、INポイントの配分率もほぼ均等(配分できるサイト)。
これやっている人結構多いのではないでしょうか?
確かに、多くのカテゴリに登録すればアクセスも集まりそうだし、上位に入りやすそうと思ってしまうのはわかります。
しかし、実はこれが最大の落とし穴なんです!

★メインカテゴリは1つ!サブカテゴリは2つまで

複数登録する場合は、メインカテゴリは全て統一し、そのメインカテゴリの中からサブカテゴリを決めていく。
例えば、個人でお店などをやられて『美容をテーマにしたブログ』を作り、カテゴリ登録を2か所にしようとした場合

×悪い例
メインカテゴリを『美容』と『日記』など別々のメインカテゴリに登録してしまう。

○良い例
メインカテゴリを『美容』に絞り、サブカテゴリをその美容カテゴリの中から2つ選ぶ。

なぜメインカテゴリを1つに統一するのか?

カテゴリ登録する際、ポイントの配分率を選択しますが、統一することで、サブカテゴリは配分率に従って振り分けられますが、
メインカテゴリには、100%ポイントが反映されます。

しかし、メインカテゴリを違ったものにすると配分率通りに振り分けられてしまいます。
その結果、どちらも大したランキングの伸びはなく、中々順位が上がらないという事になってしまいます。

★サブカテゴリは2つまで
本来サブカテゴリも1つにした方が良いです。
しかし、1つにしてしまうと中々ランキングが上がらず段々嫌になってしまいます。。。

ランキングが上がると、モチベーションも上がりませんか?

ですから上記で記載した方法でサブカテゴリを選択し、
もう一つはモチベーションを上げるために、50INポイントあれば上位にランクイン出来る
ライバルが弱いカテゴリをあえて選択します。

ポイントの配分率は、90%(メイン):10%くらいが良いです。

鉄則②のまとめ

  • メインカテゴリは人気カテゴリを選択!
  • サブカテゴリは登録数が多く、上位のINポイント数が1000以上
    上位の多くがINポイントよりOUTポイントの方がかなり多い
  • サブカテゴリは2つまで、同じメインカテゴリから選択する。
    サブカテゴリの一つはモチベーションを上げるためにライバルが弱いカテゴリを選択
    ポイント配分率は、90%(メイン):10%

>> ランキングを上げる鉄則 -その③-

PAGE TOP